IMG_2020

 

本物の仕事を通じて、

本質的な自分と出会う

Hero s  Journey 《英雄の旅》

 

先日、こうした講座を

8月19日・20日の2日間で

NLP講師 酒井 利浩 先生を

お迎えし開催してきました

 

僕が今の仕事をさせていただく中で

大事にしてることは

 

※漢方の処方の学び

※生理学や病理学などカラダの仕組みの学び

※心の学び(カウンセリングやコーチング)

 

の3つなんです。

この3つが僕の中で大事している事で

 

そして今回は3番目の心の学びなんですが

私が学ぶNLP《神経言語プログラミング》を

同じ業界の成長のプロセスを共にする仲間に

特別講座を開きたい思いから、

半年間かけて準備をしてきて

ようやく開催し、そして仲間と共に

最高に素敵な時間を共有してきましたー

 

 

 

IMG_2014

みんな・・・めっちゃ笑顔!

 

 

実は僕自身がね

このNLPを受講した理由は自分の父、息子との関係を改善するために、初めたものでした。

もちろん、仕事にも活かしたいとは思いましたが、基本は自分自身の内面を改善するためが一番でした。

おかげさまで、家族との関係も劇的に変わり、仕事のスタンスも大幅に変わり、お客様との関係の中でも、自分が心から支援したい方々をサポートさせていただいてます

 

 

なんだか、こういう風に伝えると今までは心から支援したくなかったのか?という疑問がわいてきますが決してそうではないんですよ

それはご相談いただくクライアント様《お客様》に問題があるわけではなく、私自身の中で起こってるものなんですよね。

 

※人に嫌われたくない

※自分自身が傷つきたない

※だから、嫌な自分を見ない世界で生きようとする

 

選択をすることで

実は表面的な生き方に時折、なってることもあり、

自分自身、窮屈な生き方を選択していることに気づいたんです。

自分ではそうは思っていませんでしたが、

そうだったんだって気づいたんですねー

 

実は自分を苦しめる生き方になっていたんですよねー

今でも

※人に嫌われたくない

※自分自身が傷つきたない

※だから、嫌な自分を見ない世界で生きようとする

は大いにあります

心の癖はなかなか、改善しません

だから、日々 意識する!

意識し続けるしかないんですよねー。

 

おかげさまでその後、

人生の全てが好循環になっています

ちょっと、大袈裟かもしれないけど、

でも、2年ぐらい前から比べれば雲泥の差です・・・笑。

 

 

そして、今回は僕と同じ業界で

一緒に成長のプロセスを共にする

仲間に声をかけ、特別講座を開催しました

 

 

IMG_2015

 

本当に参加してくれた仲間も

まず参加するだけでもめっちゃ、大変だったと思います

感謝の気持ちでいっぱいです

 

 

IMG_2016

 

お一人お一人がNLPの学びを通じて

忙しさの中で見失っていた本来の自分とつながり、

涙して自分を癒したり、

本当に大切にしたいものに気づいたり、

生き方のビジョンとミッションが

明確になっていく姿を見て、

私自身《カズ》の中でもいろんなものが溶けていき、

さらに自分の心の中で滞っていたものが

流れ始め、循環していく感じを覚えました

 

 

IMG_2018

 

「あー!なんて僕は幸せな人間なんだろう」

「あー!魂がマジで喜んでる」

「僕はこういう事がしたかったんだね」

 

なーんて思いました。

 

「変化を起こす場でありたい」

「そのサポートをしていく人になりたい」

 

とも日頃から言ってますが

僕が本当にやりたい事は

お客様もそうだし、

家族や仲間もそう!

自分を愛し、自分も癒しながら生きていく

その中で夢を叶えていくサポートをしたいんだなって

本気で本気で思いました。

 

そして、仲間の想いに応え協力してくれ、

僕の初めての取り組みにも

快くサポートしてくれ、

自主的に動いてくれたNLPの仲間にも感謝です

 

 

同じ業界の大切な仲間と

NLPの大事な仲間が融合すると

本当に素敵な場が生まれる事も実感できて

こうした機会をこれからも続けていこうと思いました

 

 

 

IMG_2019

本当にみんな、いい笑顔してると思う。

これから生きていく中で、

お客様も仲間も家族もみんな幸せになってほしいな

 

IMG_2017

 

最後に・・・

 

昨日はね

休みだったんで、家族と師崎の方に行ってました

なんだか、今回のテーマの写真とそっくりだったんで

思わず・・・写真撮っちゃいました

 

ありがたい!ありがたい!・・・拝。

 

感謝です

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です